佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 土地購入での狭小地とはどのくらいのサイズ?メリットもチェック!

土地購入での狭小地とはどのくらいのサイズ?メリットもチェック!

≪ 前へ|土地購入で住宅ローンの融資を受けるための条件とは?   記事一覧   土地の購入にあたり地盤調査は必要?方法や費用を解説!|次へ ≫

土地購入での狭小地とはどのくらいのサイズ?メリットもチェック!

土地購入での狭小地とはどのくらいのサイズ?メリットもチェック!

土地を購入するとき、狭小地でもいいから念願のマイホームが手に入ればうれしいもの。
むしろ、狭小地のほうがメリットありという考えの方もいるでしょう。
土地の購入で狭小地を選ぶメリットとは何か、デメリットもあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入時にメリットのある狭小地とは?

狭小地とは、文字通り狭い土地のこと。
特に規定はないものの、15~20坪より狭い土地を狭小地と指すのが一般的です。
狭小地には不整形地がよく見られ、用途が限られるのもよくあります。
土地の価格こそ低くなるものの、建築に制限がかかったり住宅の建築費用が余計にかかったりすることもあります。
一方で、狭小地に住宅を建てたいという人も増えつつあります。
自分なりの工夫をして個性的な家を建てる楽しみがあり、むしろ狭いことで掃除などの管理がしやすいメリットもあるためです。
とはいえ、土地購入の際に狭小地を選ぶ場合は、じっくり検討することが重要です。
納得のいく家を建てて期待していた暮らしができる土地かどうか、よく考えるようにしましょう。

狭小地の土地を購入するメリットと注意点(デメリット)

狭小地の土地購入におけるメリット

価格が安い
購入する土地が狭小地の場合、比較的費用が少なくて済みます。
不整形地だったり用途が限られたりすれば、さらに相場より坪単価が下がることも珍しくありません。

生活の利便性
狭小地は、住宅の密集する都市部に多く見られます。
都市部であれば、狭小地でも日常生活に必要な環境が身近に揃っていて暮らしやすいでしょう。
ショッピング、教育、通勤や通学などの便利さを考えると、狭小地に暮らしているのが気にならなくなるほど快適だと感じられることもあります。

税金面でお得
所有する土地が狭い狭小地は、かかる税金も少なくて済みます。
固定資産税が低ければ、土地を購入してからの負担を軽くできるのがメリットです。

狭小地の土地購入における注意点

居住スペースの問題
狭小地に建てる住宅は、どうしても暮らしのスペースが限られてしまいます。
駐車場を設置できなかったり、庭までは作れなかったりといった制限も出がちです。
必要最低限の居住スペースを確保するために、設計には苦心する可能性があります。

高さの問題点
狭小地に家を建てるにあたって、土地の狭さをカバーするために3階以上にする手があります。
3階建ての住宅を建てるには、周囲への日当たりの影響を考える必要が出てきます。
高齢になって昇り降りが大変になり苦労することもあるかもしれません。

まとめ

土地購入で狭小地を選ぶことには、メリットもあればデメリットもあります。
購入前にはその両方を考慮しておくこと、さらにデメリットに対して何ができるかといったことを考えるといいでしょう。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地購入で住宅ローンの融資を受けるための条件とは?   記事一覧   土地の購入にあたり地盤調査は必要?方法や費用を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る