佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 事前準備はぬかりなく!不動産売却は流れを把握することから

事前準備はぬかりなく!不動産売却は流れを把握することから

≪ 前へ|住宅ローンをお得に返済するための借り換えとそのタイミング   記事一覧   旗竿地は土地売却が難しい?上手に売却するコツと注意すべき点とは|次へ ≫

事前準備はぬかりなく!不動産売却は流れを把握することから

事前準備はぬかりなく!不動産売却は流れを把握することから

不動産を売却する機会は、人生でそう何度も訪れるものではありません。
しかも大きな金額が動くことになるので、満足のいく契約にしたいですよね。
ここでは、初めて不動産を売却するという方にもわかるように、「事前にどのような準備が必要か」「契約してから引き渡しまでの手順はどうすればいいのか」など、不動産売却に関する流れをご説明していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の流れを学ぼう!事前の準備がのちに大きな意味を持つ

不動産売却においては、事前の準備がかなり重要になっていきます。
まずは「なぜ売却するのか」という目的をはっきりとさせましょう。
たとえば「子どもの成長に合わせて広い家に引っ越したい」「転居を伴う転勤が決まった」「使用しない家を相続したので売りたい」「まとまったお金が必要になった」などです。
これにより、時間をかけてでも高く売りたい、とにかく早く売りたい、といった売却に関する「希望条件」が明確になってきます。
それを明らかにしておくことで、売買交渉時にもブレずに意志を伝えられるのです。
また、戸建てかマンションかでも異なりますが、不動産の売却にあたっては下記の書類が必要になります。
購入時の売買契約書
身分証明書・実印、印鑑証明書、住民票
登記済権利書または登記識別情報
固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
土地測量図、境界確認書
建築確認済証および検査済証、建築設計図書、工事記録書
マンションの管理規約などの書類
耐震診断報告書など
住宅の履歴がわかる書類は買主に安心感を与えることができますし、物件購入の決め手になることもあります。
これらの書類は不動産購入時に受け取っている場合がほとんどですので、見当たらない場合は購入時の不動産会社に早めに問い合わせておきましょう。

不動産の売却先が決まったら!契約から引き渡しまでの流れ

事前の準備が完了したら、そこからは不動産会社に売却する不動産を査定してもらい、販売価格を決めるという流れです。
価格が決まったら、不動産会社を通してチラシを配布したり、ポータルサイトに掲載したりしながら、内覧対応をしていきます。
購入希望者が現れたら、契約に向けて細かい条件の話し合いをしましょう。
具体的には、金額のことはもちろん、物件の引き渡しのタイミング、補修工事の可否などです。
事前に明確にしておいた自身の希望条件をもとに、購入者の意見も聞きながら互いに納得のいく契約を目指しましょう。
正式に契約が決まったら、宅地建物取引士から買主に対し重要事項の説明がなされます。
その後、買主から売却価格の10から20%ほどの契約金を受け取ります。
残りの代金は売主、買主、不動産業者、司法書士が同席して銀行で行われるという流れが一般的です。
領収書と物件の鍵を渡したところで、引き渡しは完了となります。

おすすめ|市街化区域の土地特集

まとめ

引渡しが終わったあとも確定申告の作業があったりと、ここでご説明した流れ以外にも、細かい作業は多数発生してきます。
事前の準備から契約後まで、全体の流れをしっかりと把握しておくことが大切です。
信頼できる担当者に相談しながら、納得のいく不動産売却を目指してくださいね。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローンをお得に返済するための借り換えとそのタイミング   記事一覧   旗竿地は土地売却が難しい?上手に売却するコツと注意すべき点とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る