佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 建築条件付きの土地を購入するメリットデメリットとは?

建築条件付きの土地を購入するメリットデメリットとは?

≪ 前へ|不動産売却の媒介契約はどれを選ぶべき?おすすめの売却方法はこれ!   記事一覧   不動産の売却を代理人に頼むことはできる?依頼する時の注意点について|次へ ≫

建築条件付きの土地を購入するメリットデメリットとは?

建築条件付きの土地を購入するメリットデメリットとは?

憧れの新築マイホームを購入する際は、あらかじめ建てられている建売住宅を購入するか、土地を購入したあとに注文住宅で建物を建築するか、条件が付いた土地に住宅を建てるかの、大きく分けて3つのパターンがあります。
そのなかの「建築条件付き土地」には、一体どのような条件があるかご存じですか?
この記事では建築条件付きの土地に、これから住宅を建築するまでの流れや、メリットデメリットついてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

建築条件付き土地を購入して建物を建築する流れ

新築住宅の購入をお考えで土地をお探しでしたら、建築条件付きの土地を目にする機会があるかもしれません。
この建築条件とは、その土地に建物を施工する建築会社があらかじめ決められていることを指しており、自分で住宅メーカーを選ぶことができない土地のことです。
建築条件付きの土地に住宅を建築する流れは、まず土地を販売する不動産会社と売買契約を結んで手付金を支払い、建築する建物のプランを検討します。
住宅プランが決定すると、施工会社と建築工事請負契約を結び、手付金を支払ったあとに着工がはじまります。
ようやく建物が完成すると、引渡し前の施主検査をおこなって引渡しという流れとなり、新しい住宅での暮らしがはじまります。

建築条件付き土地を購入するメリットデメリット

建築条件付きの土地は、土地と建物を別々に契約するのに比べると総額が安くなる傾向がありますが、メリットデメリット双方の特徴があります。
多くの場合は、不動産会社の関連会社や契約する施工会社が工事を請け負いますので、土地と建物のセット販売と言われることも多く、購入費が割安になるメリットがあるのです。
あらかじめ住宅のプランが細かく設定されている場合も多いため、あまりこだわりがない方や、すぐに住宅を建てたい方におすすめです。
しかし、選べるプランが少なく自由度も低いため、こだわった住宅を建てたい方には不向きであるとも言えるでしょう。
なかには内装・外装、システムキッチンなどが変更不可な場合も多く、決められた期間内に契約が成立しない場合は土地の売買までも無効となってしまいますので、ゆっくり住宅プランを考えたい方にはデメリットとなってしまいます。

おすすめ|市街化調整区域の土地特集

まとめ

建築条件付き土地とは、建物を建築する会社があらかじめ指定されている土地のことで、不動産会社と土地の契約をおこなった後に、施工メーカーと契約する流れとなります。
費用が割安になりやすいなどの特徴がありますが、建てる住宅の自由度はかなり低くなりますので、メリットデメリット双方があることを把握しておきましょう。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却の媒介契約はどれを選ぶべき?おすすめの売却方法はこれ!   記事一覧   不動産の売却を代理人に頼むことはできる?依頼する時の注意点について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る