佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 所有している空き家はどうすればいい?不動産を活用する方法を知ろう!

所有している空き家はどうすればいい?不動産を活用する方法を知ろう!

≪ 前へ|建築条件付き土地のメリット・デメリットとは?建築条件を外すことはできる?   記事一覧   配偶者が亡くなった時の不動産相続はどうなる?配偶者居住権について紹介|次へ ≫

所有している空き家はどうすればいい?不動産を活用する方法を知ろう!


所有している空き家はどうすればいい?不動産を活用する方法を知ろう!

空き家などの不動産を所有していて、どう活用すればいいか分からず手付かずのままになっていることはありませんか?
空き家は所持しておくだけでも固定資産税がかかってくるので、所有しているなら収益を得られるものとして活用してみましょう。
今回は不動産活用方法についていくつか紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件として活用する方法!第三者に貸し出して収益を得る

一番簡単な活用方法は、空き家を賃貸物件にする方法です。
古くなりすぎて建て替える必要があるという空き家でなければ、リフォームやリノベーションをして賃貸物件に生まれ変わらせることができます。
シェアハウスの建物だけでなく、貸店舗や貸工房などの賃貸物件として貸し出すことで、そこから家賃収入を得られることができるため、収益物件として活用したいという方にもおすすめの方法です。
入居者が入らない可能性というデメリットもありますが、リフォームやリノベーションによって入居者のニーズに応えた物件にすることで、そのデメリットを防ぐこともできます。
シェアハウスとして活用すれば、通常のアパート経営をするよりも高い家賃収入を期待することができ、一人退去者が出ても他の入居者が家賃を支払ってくれるので、収入が途絶える心配もありません。

空き家を売却する方法も!駐車場にして活用もできる!

空き家自体が老朽化してしまい、修繕費用が高くなってしまうときには、賃貸物件にするとコストがかかってしまいます。
その場合には空き家を解体して更地にしてから、土地を活用するようにしましょう。
更地にすると駐車場として利用することができるようになり、事業用の土地としても貸し出すことで収益を得ることもできます。
他にも、空き家自体を売却することによって、売却した時の資金を得る方法もあります。
将来的に空き家を自分で活用する予定がなく、不要なものだと思ったときには、売却し所有権を買い手に渡してしまうのもひとつの選択です。
売却すれば固定資産税を支払う必要もなくなり、新しい所有者に空き家を渡すと管理の義務もなくなるため、空き家を維持するのが難しいときや、不動産を活用できる立地ではないときには売却を考えてみましょう。

おすすめ|お問い合わせ

まとめ

空き家となっている不動産は近年増えていて、その活用方法に悩んでいる人も少なくありません。
空き家を活用する方法は複数ありますが、立地によっては向かない活用方法もあるため、空き地のある場所に合わせた活用方法を利用して、空き家を有効活用してみてください。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|建築条件付き土地のメリット・デメリットとは?建築条件を外すことはできる?   記事一覧   配偶者が亡くなった時の不動産相続はどうなる?配偶者居住権について紹介|次へ ≫
  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る