佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 不動産売却のとき残置物ってどうなるの?処分費用の負担は?

不動産売却のとき残置物ってどうなるの?処分費用の負担は?

≪ 前へ|鴻巣市のふるさと納税とは?取り組みや返礼品も   記事一覧   家と学校が近いことはよいことか?メリット・デメリットを紹介|次へ ≫

不動産売却のとき残置物ってどうなるの?処分費用の負担は?

不動産売却のとき残置物ってどうなるの?処分費用の負担は?

不動産売却の際には家具や家電などを処分して空っぽにしてから引き渡すのが基本です。
しかしなんらかの事情によって残置物として残してしまったとき、一体どうすれば良いのでしょうか。
今回は不動産の売却を検討されている方に向けて、残置物が残ったまま売却できるのかについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家具や家電などの残置物が残ったまま不動産の売却はできるのか?

そもそも家財道具が残ったままの不動産の売却は可能なのでしょうか。
結論から申し上げると基本的にはNGです。
そのため不動産の売却の際は、計画的に家具や家電の処分を進めることをおすすめします。
スケジュール的な問題でどうしても残置物がでてしまうのであれば、処分費用は売主側が負担するのが一般的です。
たとえ最新の家電や価値のある家具だからいって、売却の際にプラスの印象を与えたり売却価格に上乗せできる可能性は低いです。
自分にとって価値のあるものであっても、購入希望者がよく思うかはまた別問題です。
一方で家電の中でもエアコンや照明などは、残置物の中でも歓迎されやすいでしょう。
特にエアコンは取り付けや取り外しにも費用がかかる上、引越しによる故障のリスクもあるのでそのまま残しておくとお互いにメリットがあると言えます。
その他、カーテンレールや靴箱なども家にマッチしていれば内覧などでもマイナスにはならないでしょう。

不動産売却のときに残置物を残さないための処分方法

お伝えしてきたように、不動産売却の際はできるだけ残置物がないことが望ましいです。
そのため自分で計画的に処分をしていくことが大切です。
まず一般的なのが粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。
自治体の回収には時間がかかることもあるので、引越しの時期に合わせて計画的にスケジュールを調整しましょう。
エアコンやテレビなど家電リサイクル法対象家電は購入店舗に引き取りを依頼するか、指定取引先への持ち込みとなります。
また引越し会社によってはオプションで不用品処分サービスに対応していることもあります。
その他おすすめなのがリサイクルショップやフリマアプリなどの利用です。
手間と時間はかかりますが、まだまだ使えるものや最新の家電などは高く売れることもありちょっとした臨時収入にもなります。

まとめ

今回は不動産の売却を検討されている方に向けて、残置物が残ったまま売却できるのかについてご紹介しました。
不動産売却の際に残置物が残っていると売却活動にマイナスに働くことが多いです。
家具や家電の処分は売却活動が始まったら計画的に行いましょう。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|鴻巣市のふるさと納税とは?取り組みや返礼品も   記事一覧   家と学校が近いことはよいことか?メリット・デメリットを紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る