佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 不動産購入で家を新築したら所有権保存登記を!概要やメリットデメリットとは?

不動産購入で家を新築したら所有権保存登記を!概要やメリットデメリットとは?

≪ 前へ|鴻巣市周辺で銭湯を探している人へおすすめしたい銭湯2選の特徴をチェック!   記事一覧

不動産購入で家を新築したら所有権保存登記を!概要やメリットデメリットとは?

不動産購入で家を新築したら所有権保存登記を!概要やメリットデメリットとは?

不動産購入をして家を新築した際に、必ずやっておくべき手続きとして挙げられるのが所有権保存登記です。
今回は、この所有権保存登記とは何か、その概要をまず解説したうえで、所有権保存登記に関するメリットデメリットについても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入で家を新築した際にしておくべき所有権保存登記とは?

所有権保存登記とは、不動産を購入して家を新築した場合におこなう登記のことです。
新築の家は、建物が新しいのでまだ所有権の登記がなされていない、つまり建物の所有者が誰であるのか法的に明示されていないという状態です。
そこで所有権保存登記をして、「新築したこの家(建物)は私が所有していますよ」ということを法的に明示するというわけです。
つまり所有権保存登記は、新築の家の持ち主が誰かを法的に明確にするために必要な登記である、ということです。

不動産購入における所有権保存登記に関するメリットデメリットは?

不動産購入で家を新築した際に所有権保存登記をすることはきわめて重要です。
この所有権保存登記に関してどんなメリットデメリットがあるのか、それを説明しましょう。
まず、所有権保存登記をすることによるメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

●所有権保存登記をした不動産を担保にしてお金を借りることができる
●法的に不動産所有者であることが明示されるので、第三者に対して所有権が主張できる
●所有権保存登記をすればその不動産の売買や賃借、相続や贈与などの手続きもスムーズに進みやすい


次に、所有権保存登記をすることによるデメリットについてですが、これについては「登録免許税や、司法書士に登記を依頼する際の報酬支払いが必要になる」という、少々の金銭的負担ぐらいしかありません。
むしろ所有権保存登記に関するデメリットは「所有権保存登記をしなかった場合」のほうがはるかに多いのです。
所有権保存登記をしない場合のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

●登記をしていない不動産はローンの担保にできない
●登記簿上の所有者でなければ不動産の売却はきわめて難しいので、将来売却しようとしても未登記のままでは買い手がつかない
●相続においても、遺産分割協議で遺産分割をしても、未登記のままの不動産を他の相続人が勝手に売却してしまうなど、トラブルの火種になりやすい

まとめ

不動産購入で家を新築した際に、所有権保存登記をしておくことはきわめて重要です。
所有権保存登記は法的に強制されているわけではありませんが、未登記のままでは大きなデメリットが発生しますので、必ず登記をするよう心がけましょう。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|鴻巣市周辺で銭湯を探している人へおすすめしたい銭湯2選の特徴をチェック!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る