佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 不動産売却がうまくいかない!売却が長引くおもな原因と対処法とは?

不動産売却がうまくいかない!売却が長引くおもな原因と対処法とは?

≪ 前へ|不動産を売却した際の売却益とは?その計算方法についてご紹介!   記事一覧   土地購入前に要確認!「私道負担あり」の不動産を購入するメリットは?|次へ ≫

不動産売却がうまくいかない!売却が長引くおもな原因と対処法とは?

不動産売却がうまくいかない!売却が長引くおもな原因と対処法とは?

「不動産売却活動をしているもののうまくいかず、思った以上に長引く状態になっている」という悩みを抱えている方は少なくありません。
今回はそんな悩みを抱えている方へのお役立ち情報として、不動産売却が長引くおもな原因および、売却できるようにするための対処法をご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却がなぜ長引くのか?考えられるおもな原因はこれだ!

不動産売却が長引く原因をご紹介する前に、まずは「そもそもどのくらいの期間売れなければ、長引いているといえるのか」について解説しましょう。
不動産業者に売却活動の相談を始めてから、引き渡しまでの一連の流れにかかる期間は半年~1年程度ですが、実際に売却活動を始めてから買い手が見つかるまでの期間だけを見れば、売却がスムーズに決まる物件は「3か月以内の売却活動で売れる」ということが多いです。
売却活動期間が6か月を超えてもまだ売れない場合は「長引いている」と判断して良いでしょう。
なぜ売却が長引く状態になってしまうのか、考えられるおもな原因としては以下のようなものが挙げられます。

売却する不動産の条件(立地や間取り・築年数など)に対して価格が高い
「引っ越しシーズンが終わったばかり」など、売却を始めるタイミングが悪い
「物件内の掃除を徹底していない」など、物件の印象が良くない


上記のように物件そのものの問題はもちろん、売り出す時期なども売れるまでのスピードに関わってきます。

売却活動が長引く状態の不動産をうまく売却するための対処法やコツ

売却活動が長引く状態となっている不動産をうまく売却するための対処法・コツとしては以下のようなものが挙げられます。

近隣の似たような条件の物件と比較し、売却する不動産の条件と価格のバランスが相場どおりで適切かどうかをもう一度見直す
中古住宅の需要が高まる引っ越しシーズン前を狙って売却活動を仕切り直す
物件内の掃除や整理整頓、庭の草抜きなど、売主も「売却物件の見た目の印象を良くする努力」は極力やっておく
売却活動を依頼する不動産業者を変えてみる


売却する不動産があるエリアの物件取り扱いを得意とする地元密着業者や、積極的に売却活動をしてくれる姿勢を出してくれる業者などがおすすめ

まとめ

今回は不動産売却をしているが長引く状態となっていてなかなか売れない、という悩みを抱えている方のために、そうなってしまうおもな原因および対処法を解説しました。
ぜひ今回の情報を参考にして、少しでも早い売却実現に役立ててください。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却した際の売却益とは?その計算方法についてご紹介!   記事一覧   土地購入前に要確認!「私道負担あり」の不動産を購入するメリットは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約