佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 窓の断熱性能を高めるにはどうすればいい?窓の種類を比較!

窓の断熱性能を高めるにはどうすればいい?窓の種類を比較!

≪ 前へ|不動産を相続するなら必見!相続時精算課税制度の概要やメリットをご紹介   記事一覧   不動産売却における負動産とは?相続放棄や処分方法も解説|次へ ≫

窓の断熱性能を高めるにはどうすればいい?窓の種類を比較!

窓の断熱性能を高めるにはどうすればいい?窓の種類を比較!

注文住宅の購入を検討するにあたって、窓の種類と断熱性能についても重視している方も多いのではないでしょうか。
窓にはアルミサッシ・樹脂サッシ・複層ガラスなどさまざまな種類がありますが、それぞれ断熱性能やコストが異なります。
そこで今回は、これから注文住宅を購入しようと検討されている方に向けて、窓の種類別に断熱性能の特徴を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

「アルミサッシ」窓の断熱性能

そもそも窓のサッシとは、サッシュともいい、窓枠として用いる建材のことをいいます。
「アルミサッシ」は、サッシのなかでも住宅用サッシとして従来から使われている素材で、サッシ全体がアルミニウムでつくられているサッシです。
素材として耐久性があり加工もしやすいアルミは、その特徴からコストが低いという特徴をもっています。
一方でアルミは熱を伝えやすく省エネ性に乏しい点がデメリットで、暑さや寒さをサッシで対策することは難しいうえ、結露しやすい窓になってしまいます。

「樹脂サッシ」窓の断熱性能

「樹脂サッシ」とは、サッシ全体が塩化ビニール樹脂によってつくられている物のことをいいます。
アルミサッシと比較すると断熱性・気密性・省エネ性に優れており、北欧や北米などの寒冷地においても広く普及している素材です。
ただし、樹脂サッシは紫外線の影響を受けやすく、その寿命が30年程度と、アルミサッシと比較すると短い点がデメリットです。
また、本体価格がアルミサッシよりも高くなってしまうため、コストが高くメンテナンスにも手間がかかる点もデメリットの一つといえるでしょう。

窓の断熱性能はサッシだけじゃない?複層ガラスのメリット

ここまではサッシによる断熱性能と気密性をみてきましたが、住宅全体の断熱性能を上げたいときには、サッシだけでなくガラスも重要です。
窓ガラスには単層ガラスと複層ガラスの2種類があり、一般的に普及している単層ガラスよりも、複層ガラスのほうが断熱性能に優れているといわれています。
複層ガラスとは2枚以上のガラスで空気層を閉じ込めたガラスのことを指し、さらにペアガラスやトリプルガラスなどに分類されます。
窓の間に生まれる空気層は熱の出入りを防ぎ、住宅全体の断熱性能を高めてくれます。
また、紫外線に弱い樹脂サッシを内窓にして二重窓を設置することで、樹脂サッシのデメリットを解消しながら断熱性能を高められます。

まとめ

今回は、これから注文住宅を購入しようと検討されている方に向けて、窓の種類別に断熱性能の特徴をご紹介しました。
それぞれの窓がもつメリットとデメリットを押さえておくことで、後悔のない理想の住宅づくりにつながるでしょう。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を相続するなら必見!相続時精算課税制度の概要やメリットをご紹介   記事一覧   不動産売却における負動産とは?相続放棄や処分方法も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約