佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 新築を売るならすぐ売却すべき理由とは?注意点も解説!

新築を売るならすぐ売却すべき理由とは?注意点も解説!

≪ 前へ|不動産売却における負動産とは?相続放棄や処分方法も解説   記事一覧   住宅ローンの滞納が続くとどうなる?不動産売却などの対策についてご紹介|次へ ≫

新築を売るならすぐ売却すべき理由とは?注意点も解説!

新築を売るならすぐ売却すべき理由とは?注意点も解説!

マイホームを購入したものの、何らかの事情があってすぐ売却しなければならなくなったとき、できるだけ高く売るためにはどうしたら良いのでしょうか。
新築だからこそ、損をせずに家を売却できる方法をしっかりと考えなければなりません。
今回は、早期売却で新築が高く売れる理由や新築をすぐ売却する理由、新築を売却する際の注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築をすぐ売却すると高く売れる理由  

新築とは、建ててから1年以内でまだ誰も住んだことがない物件のことをいいます。
家は築年数が経過するほど価値が下がり、高く売れにくくなるため、新築の状態ですぐ売却するのがおすすめです。
築年数による価格下落率を見てみると、一戸建ての場合は築10年で半分ほどに、築15年で20%近くまで下がり、マンションの場合は築10年で80%ほどに下がるといわれています。
地価が上昇しているエリアでは、築浅物件でも新築購入時より価格が高くなるケースもありますが、新築物件が高く売れやすいことは間違いありません。

新築をすぐ売却する理由にはどのようなものがある?    

購入したばかりのマイホームを新築のまま売却する理由はさまざまです。
一例としては、離婚や急な転勤などが挙げられます。
そのほかにも、収入の減少により住宅ローンの返済が困難になったことや、ご近所トラブルが原因となることもあります。
売却理由は購入者にとっても気になるポイントなので、正直に伝えるようにしましょう。
もし事実を隠して売却し、購入者が損害を受けた場合、損害賠償金を請求されてしまう可能性もあるので注意してください。

新築をすぐ売却する場合の注意点 

新築を売却する際は、新築物件の定義を確認しておく必要があります。
たとえ建ってから1年以内だとしても、人が一度でも住むと築浅物件になってしまうため、売却する可能性がある場合は住んでしまうことがないよう気を付けましょう。
また、物件を売却しても住宅ローンを完済できない場合、つまり、オーバーローンの状態だと不足分を自己資金で補わなければなりません。
それが難しい場合は任意売却などの手段を検討する必要があるため、事前に確認することをおすすめします。
そのほかにも、「売却には手数料や税金などの出費が発生すること」「瑕疵を隠して売却すると契約不適合責任に問われる可能性があること」なども注意点として挙げられます。

まとめ

新築はすぐ売却すると高く売れるため、建ってから1年以内で、人が住む前に行動するのがおすすめです。
売却理由を明らかにするなど、トラブルなくスムーズな売却をするための注意点についても、参考にしてみてくださいね。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却における負動産とは?相続放棄や処分方法も解説   記事一覧   住宅ローンの滞納が続くとどうなる?不動産売却などの対策についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る

来店予約