佐藤不動産TOP > 株式会社佐藤不動産のブログ記事一覧 > 住宅購入をお考えの方にオーバーローンの注意点とリスクをご紹介

住宅購入をお考えの方にオーバーローンの注意点とリスクをご紹介

≪ 前へ|土地売却で使える税金控除の種類とは?損失が出た際の活用方法をご紹介   記事一覧   マイホームを購入する際の頭金の相場は?注意点も合わせてご紹介|次へ ≫

住宅購入をお考えの方にオーバーローンの注意点とリスクをご紹介

住宅購入をお考えの方にオーバーローンの注意点とリスクをご紹介

今回は、住宅ローンの組み方のひとつ、オーバーローンについてご説明します。
また、オーバーローンの注意点とリスクについてもご紹介しますので、ぜひ読んでください。

弊社へのお問い合わせはこちら

オーバーローンとはなにかご紹介

オーバーローンとは、住宅の価格以上の金額で住宅ローンを組むことです。
住宅を購入する際には、住宅自体の購入費用のほかに、諸費用がかかります。
諸費用には仲介手数料や登録免許税、印紙税などが含まれるため、場合によっては数百万円を準備する必要があります。
諸費用を準備することが難しいときに利用できるのが、オーバーローンです。

オーバーローンを利用するときの注意点とは

オーバーローンで購入した住宅をすぐに売却する場合は、ローン残高以上の金額で売却する必要があります。
これは、住宅購入費と諸費用を足した金額で住宅ローンを組んでいるので、住宅のみの価格で売却すると、諸費用の金額が清算できないからです。
そうなると、売却後もローン残高の支払いを続けなくてはなりません。
オーバーローンでペアローンを組んだ場合は、離婚時にトラブルに発展しやすくなります。
売却後にローン残高があると、どちらが返済するか揉める原因になってしまいます。

オーバーローンを利用するリスクとは

住宅ローンの借り入れをおこなった場合、住宅を担保にして抵当に入れる必要があります。
融資金額が住宅の価値に見合っていれば、住宅ローンの支払いができなくなっても、最終的に売却して返済できます。
しかし、オーバーローンの場合は、売却によって得られる金額ではローンの返済が完了しないため、不足分の返済が必要です。
不足資金の用意ができないと金融機関が売却を認めてくれず、売却できないリスクがあります。
また、オーバーローンで必要以上に諸費用を偽って申請すると、契約違反になります。
借り入れをしている金融機関に知られると、一括返済を求められたり、訴訟となったりするかもしれません。
一括返済となると、自己資金で返済する必要があります。
返済できない場合は、自己破産する場合も。
偽って申請するとリスクを背負うことになりますので、注意しましょう。

まとめ

住宅購入を検討されている方に向けて、オーバーローンの注意点とリスクをご紹介しました。
住宅購入時の諸費用は高額であるため、準備が大変です。
諸費用分もまとめて借り入れできるオーバーローンは便利ですが、注意点やリスクを十分に把握して利用するようにしましょう。
佐藤不動産では、鴻巣市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
鴻巣市内で住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地売却で使える税金控除の種類とは?損失が出た際の活用方法をご紹介   記事一覧   マイホームを購入する際の頭金の相場は?注意点も合わせてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 株式会社佐藤ホーム
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 賃貸サイトはこちら
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社佐藤不動産
    • 〒365-0038
    • 埼玉県鴻巣市本町4丁目1番8号
    • TEL/048-541-0574
    • TEL/048-541-8777(売買)
    • FAX/048-543-5941
    • 埼玉県知事 (5) 第18118号
    • 【建設業】
      埼玉県知事(般-28)60500号
      種類:建設工事業
    • 【建築士事務所】
      埼玉県知事(3)9184号
      佐藤ホーム一級建築士事務所
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約